クロス集計

質問項目を2つ以上かけ合わせて集計する手法。

質問項目を1つの表の表頭表側に分け(※下図参照)、それぞれのカテゴリー(選択肢)が交わるセルに、表頭と表側の両方に該当する回答数やその回答比率を記載した表をクロス集計表という。
表:クロス集計

例えば、『10代と20代』で『商品に対する興味度』はどのくらい違うのかを知りたいとき、『年代別』と『商品に対する興味度』を使ったクロス集計表を作ると、その違いを明らかにすることが出来る。
このとき、『商品に対する興味度』の違いを見るのを「目的」として『年代別』に「説明」するため、『年代別』は「説明変数」、『商品に対する興味度』は「目的変数」と呼ばれ、表側に説明変数・表頭に目的変数を配置するのが日本では一般的。
(※表側に目的変数・表頭に説明変数を配置するのは縦%表と呼ばれ、欧米だと縦%表の方がよく用いられる)

この目的と説明をひっくり返して、『商品に興味がある人』はどの『年代』が多いのかを知りたいときは、表側に『商品に対する興味度』、表頭に『年代別』となるように配置する。

説明変数は基本的に「分析軸(軸)」と呼ばれ、どこをクロス集計を作成するか迷ったときは、この分析軸を性別や年代などの属性にして、全質問とクロスすれば、どんな属性によってアンケートの結果に違いがあるのかがつかみやすくなる。

かけ合わせ方によって、質問間クロス多重クロスなどと呼ぶこともある。

クロス集計はExcelのピボットテーブルなどを使えば誰でも作成できるが、多量のクロス集計表を作成しなければならない時や、複雑な掛け合わせのクロス集計表を作成するのは大変な作業である。

【関連用語】
単純集計
多重クロス
質問間クロス